趣のある古民家暮らし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

伝統的な日本家屋でゆったりと暮らす!

古民家というと、ふつう戦前に建てられた家を指しますが、最近は築50年ぐらいたつ、戦後の建物も含まれているようです。

日本の風土を知り尽くした、天然の建材でつくられた古民家は、調湿効果も優れており、体にやさしい建物が多く、農家からお屋敷風の家まで、さまざまな種類があります。

現代の家と比べれば、不便な部分もありますが、毎日の暮らしを工夫しながら、ゆったりとした時間の流れを体感できます。スローライフを堪能したいと思う人なら、古民家はおすすめ。

古民家物件の探し方

古民家は地方に行くほど探しやすい。都内の古民家を希望する場合は、下町や多摩地区を中心にあたってみるとよいでしょう。また、鎌倉のように、古民家再生プロジェクトに力を入れているエリアで探す方法もあり。

時間を惜しまず、じっくり探すのがポイント。長屋ならひとり暮らし用もありますが、平屋の一軒家は友だちとシェアしたり、家族で暮らす人が多いです。

おすすめ記事